頬によるたるみの原因

顔の手入れ

頬がたるむことにより、ほうれい線が目立つようになります。頬のたるみの原因はいくつか挙げられます。加齢によるコラーゲンの減少や表情筋が衰えてしまうことで皮膚が垂れ下がってしまうなどがあります。これらにより、老けてみられる原因の1つとも言えます。人は、顔にある筋肉を使って表情を表します。顔の筋肉を使って表情を表すことにより、顔の筋肉が鍛えられます。なので、顔の筋肉を使っていなければ、顔の筋肉は衰えてしまい頬のたるみに繋がります。コラーゲンは、ハリのある弾力肌を作ってくれる働きをするので、コラーゲンが減少することにより、肌の弾力がなくなり皮膚が垂れ下がってしまいます。また、コラーゲンが減少する原因としては、紫外線の刺激を受けたりストレスが溜まることなどが挙げられます。

頬のたるみは改善することが出来ます。頬のたるみを改善するには、紫外線の対策をしっかりする事や生活習慣を改善するなど様々な方法があります。紫外線の対策をしっかりすることで、コラーゲンの減少を防ぐ事ができるので、ハリと弾力ある肌になり美容にも効果があります。しかし、紫外線対策だけでコラーゲンが減少する事を防ぐ事は出来ないので、日々の食事の中でコラーゲンを摂取するように心がけることが大切です。日々の食事の中でバランスよくコラーゲンを摂取出来ない場合は、サプリメントを飲んで効果を得ることがで来ます。また、表情筋を鍛えるマッサージを行なうことも頬のたるみの改善に繋がります。